MENU

任意整理は弁護士事務所でご相談のうえで決める

任意整理は将来利息のカットや今より楽な返済額に応じて貰えるように債権者と任意で交渉する手続きです。自己破産や個人再生では裁判所を通しますが任意整理では通さないと言う違いがあります。そのため比較的手続きが楽ではありますが、ご本人で債権者と交渉するのが難しいことが多いです。弁護士に任意整理を依頼すれば交渉のプロが代わりに債権者と交渉して貰えるので安心です。まずは東京都内にもある弁護士事務所で無料相談を受けて任意整理についての説明やデメリットや費用などを聞いておきます。納得出来る説明を受けられたら任意整理を依頼します。依頼を受けた弁護士は債権者に受任通知を発送します。受任通知を受け取りした債権者は取り立てが出来なくなります。債権者に取引履歴の開示を請求し利息制限法にのっとって引き直し計算を行います。引き直し計算の結果で過払い金があれば戻ってきます。債権者と和解交渉を開始し和解契約が結ばれると手続き終了です。和解書に書かれている支払開始日から3年ほどで分割返済を開始し返済が終了しだい借金問題の解決となります。債務整理を行うと連帯保証人に一括請求が行きますが債務者と同等の責任があるので断ることが出来ないです。連帯保証人に重大な悪影響がありますが、任意整理では一部の債権者を選べますので連帯保証人への一括請求を回避することが可能です。任意整理後には約5年間ブラックリスト入りのため新規ローンを組めなくなります。お金に困っても当分の間は借りるのが困難なので良く考えてから決めることが大切です。今後の生活が心配と言う方は東京都内にもある弁護士事務所によくご相談下さい。